40代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? 40代の看護師に関する記事一覧

40代の無職の看護師が再就職することはできる?復職への3つのステップ

40代の無職の看護師が再就職することはできるのでしょうか?また、再就職する時には、どんなことに気を付けると、無理なく復職することができるのでしょうか?

カゴネコ
長いこと主婦やっていたけど大丈夫?
さとりイヌ
さとりのために何もしていないが大丈夫?

40代で長いこと無職だった看護師さんのために、復職を成功させる秘訣をご紹介します。

40代の無職の看護師が無職だった理由は何?

40代の無職の看護師が、長い期間無職だった理由は何でしょうか?20代で看護師免許を取得して、その後は数年間働いたけれど、その後は退職して看護師の仕事を離れた。

そして、長い期間、無職だったけれど、今回また看護師として働きたいと思ったという人は、なぜ無職になったのでしょうか。

一番多い理由は、結婚だと思います。結婚して寿退社をして、専業主婦になったというものですね。結婚と同時に寿退社をして、長年専業主婦だったけど、子供の手が離れて自由な時間ができたり、子供の教育費を稼ぐために、復職しようと思った人は多いと思います。

次に多い理由は、病気ではないでしょうか。看護師の仕事をしていたら、病気になってしまって働けなくなったから退職した。

でも、病気が治って、また働こうと思える健康状態になったから、復職しようと思うパターンもありますよね。

40代の無職の看護師が復職するには、まずは復職支援研修を!

40代の無職の看護師が復職する時には、まずは求人探しなどをする前に復職支援研修を受けましょう。今まで無職だった40代の看護師さんは、看護スキルはキレイさっぱり忘れてしまっていると思います。

また、無職の時は外部の人と接する機会が少なかったため、社会人としてやっていけるか不安になりますよね。

看護スキルを思い出し、社会人としてやっていけるかという不安を打ち消すためには復職支援研修を受けると良いんです。

復職支援研修は、各都道府県の看護協会が主催していて、採血や吸引、電子カルテの使い方などの研修をしてくれます。

これに参加すれば、長年無職だった40代の看護師さんでも「何とか復職できるかも」という自信を持つことができるはずです。

40代の無職の看護師が再就職する時の職場選びの注意点

40代の無職の看護師が再就職する時の職場選びの注意点は、2つあります。どんなことに注意して職場を選ぶと、再就職を失敗せずに済むのでしょう。

医療行為が少ないところ

40代の無職の看護師が再就職するなら、医療行為が少ないところを選びましょう。いくら復職支援研修を受けたとしても、まだまだ看護スキルは忘れているものが多いと思います。

復職支援研修は看護スキルを思い出すためのきっかけにしかすぎませんから、長年無職だった人が、突然急性期病棟に再就職したら、絶対に後悔します。

急性期病棟は、医療行為が多いし、患者さんは重症だし、忙しいですから。後悔しないためには、医療行為が少ないところを選びましょう。

具体的には、介護施設やデイサービスです。介護施設やデイサービスは基本的に医療行為がありませんので、無職だった人でも少しずつ仕事に慣れていくことができると思います。

もし、専業主婦をやっていて、子育て経験がある人は、保育園を選ぶのも良いかもしれませんね。子育て経験を活かしながら、看護師として働けると思います。

力仕事がないところ

40代の無職の看護師さんは、体力的な問題も出てきます。あなたは、体力的に自信がありますか?看護師として働いていた時のことを思い出してみてください。

力仕事が多くて、体力的にきつかったですよね。今、あの頃と同じことができると思いますか?たぶん無理だと思います。だって、無職の頃は力仕事とは無縁だったでしょうから。

ですから、40代の無職の看護師さんが再就職するなら、力仕事がないところを選びましょう。力仕事がなくて、看護業務に専念できれば、体力的にだいぶ楽になりますよね。

力仕事がないところは、介護士さんがいるところです。そのため、ここでも介護施設やデイサービスはおすすめなんです。ただ、介護施設やデイサービスによっては、看護師が介護業務を手伝わなくてはいけないこともありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

保育園は赤ちゃんを抱っこしたり、子供たちと一緒に遊んだりすることはありますが、介護業務はないですので、大丈夫だと思います・

この2つの注意点から考えると、40代の無職の看護師さんは介護施設やデイサービス、保育園に再就職すると良いでしょう。

40代の無職の看護師が再就職するなら、まずは非常勤から

40代の無職の看護師が再就職するなら、雇用形態も考えましょう。ガッチリ稼ぐなら常勤が良いのですが、無職だった看護師が、いきなり常勤として働くのはハードルが高いと思います。

そのため、最初は非常勤として働くようにしましょう。非常勤なら1日4時間週3回のような働き方ができますので、少しずつ仕事に慣れていくことができるでしょう。

お子さんの教育費を稼ぎたいから、ガッチリ稼ぎたいという人は、非常勤で働いて慣れてきたら、常勤にすると良いですよ。

焦ってはいけません。最初から飛ばし過ぎると、絶対にすぐに息切れします。息切れして「私には看護師は無理だった」と後悔して、看護師の仕事を辞めてしまったら、教育費を1円も稼ぐことができません。

少しずつ徐々にならしていった方が長続きして、最終的にはたくさん稼ぐことができるはずです。

まとめ

40代の無職の看護師が復職する時の3つのステップをまとめましたが、いかがでしたか?無職の期間が長い人は、まずは復職支援研修を受けて、医療行為が少なく力仕事がない職場で働いましょう。また、最初は非常勤から始めると良いと思います。

医療行為が少なくて力仕事がない職場を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、担当コンサルタントに無職でブランクがあること、医療行為が少なくて力仕事がない職場で働きたいこと、非常勤が良いことを伝えれば、その条件に合う職場を紹介してくれます。

また、非常勤でも「週3日で半日勤務」、「扶養内で」のような勤務条件を交渉してくれますので、希望に合った勤務条件で働けるのです。

40代の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか? 40代の看護師に関する記事一覧

転職サイトランキングを見る